校長あいさつ

 

国見高校は昭和42年に県立島原高校から独立し、全日制普通高校として開校され、今年創立50周年を迎えます。現在まで約1万人の有為な人材を輩出し、県内はもとより全国各地で、先輩方が活躍しておられます。特にサッカ-部のOBはJリ-グの現役選手として、指導者として素晴らしい実績をあげられています。

「誠実・気魄・努力」の校訓の下に、心身共に健康で、気魄と情熱に燃え、自らの課題に主体的に取り組み、誠実で努力を続けることができる人間の育成を目指しています。また学校教育活動を通じて豊かな情操とふるさとを愛する心を育て、生徒の個性を尊重し、生徒一人ひとりの将来の目的の実現に向けて全職員が一丸となって取り組んでいます。

生徒の進路は、4年制大学、短期大学、専門学校、公務員、企業就職と幅広い分野に及んでおり、生徒一人ひとりの希望に沿った進路指導を組織的に展開しています。また、特色ある学校づくりとして、平成25年入学生より2年次から体育コ-ス、看護医療コ-スを設置し、より生徒の実態に応じた進路実現のための教育課程編成を行い、将来に向けた職業選択と方向性の指導を行っています。

心と身体を鍛える部活動では、サッカ-部の活躍を筆頭に各運動部が練習に励んでいます。文化活動ではボランティア部の地域との交流や、環境づくり事務局を中心としたエコ活動も推進しています。

素晴らしい自然と教育環境に恵まれた国見高校で、皆さんの夢の実現に向け、チャレンジしてください。

創立50周年を迎え、制服も一新いたしました。輝かしい伝統を引き継ぎながら、新たな歴史作りへと一歩を踏み出した本校教育活動へのご支援ご協力をお願い申し上げます。

                                校長 大隈重之